スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワシントン・ナショナルギャラリー展
大型連休中の方もいらっしゃると思いますが

いかがおすごしですか。

お天気微妙ですね

台風は少しずれたのか、大阪の空は雨は止んでいるみたい。

でもまだまだ皆さん気をつけてくださいね!



先週末、京都市美術館に ワシントン・ナショナルギャラリー展

観に行ってきました。

201109200755000.jpg

観たかったのはやっぱりゴッホ。

科学技術館のプラネタリウム以後、

どうしても生ゴッホやゴーギャンを観たくなったのでした。



ワシントン・ナショナルギャラリーは開館70年。

それを機に行われる大規模改修のため

普段館を出ることの無い絵画が日本にやって来ているのです。


IMG_0800.jpg


連休ということもあって美術館前は長蛇の列!!

ええ~っげんなり。。。
(一緒に行ったちゃん、私も並ぶのキライ)

と思ったら、その列は同じ美術館でやっている

フェルメールの方でした。


すごく楽しみにしてたちゃんと私、いそいそとチケットを買い

美術館の中へ。

はりきって音声ガイドもゲット。

印象派の代表的な画家の絵をたくさん観てきました。



中でも私が好きだったのはドガ、そしてやっぱりゴッホ。

ちゃんは夫人と息子を描いたモネの作品が良かったそうな。

モネといえば 直島でもみた睡蓮シリーズが有名ですが 

人物像も良かった。

柔らかくて幸せな感じ、明るい色使い、ゴッホとは対照的。



ゴッホの『薔薇』という作品。

精神を病んでサンレミの病院にいた時に描いた絵ですが

これまたすごい迫力。

数ヵ月後には命を絶ってしまうゴッホですが 

この絵の薔薇はすごい生命力でした。

まだまだやっているのでぜひ観てみてください。

そしてフェルメールの方を観られた方、感想ください!




201109181410000.jpg 201109181410001.jpg
初秋の京都

IMG_5443.jpg
お昼ごはんにおいしい炊き込みごはんを食べました。

IMG_2460.jpg

エリオット・アーウィットの写真展を観た現代美術館。
美しい空間でした。












スポンサーサイト
copyright © 2017 Fields Nail all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。